ZDR

 Welcome to the Zero Dimensional Records!!


http://zdros.com/
CD購入は画像をクリック!

初心者でもわかるZDRご利用方法!

2016年10月22日土曜日

いつもお世話になっております。ゼロ次元です。


▼Information
ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブックの取り扱いがZDRでも決定しました。

値段は2200円で224ページ。
日本は当然、世界的にもこのウォー・ベスチャル・ブラックメタルをメインテーマに据えた本は出版された事がありません。エキストームメタル出版史上、極めて貴重な資料となる『ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック』、是非ご期待下さい。

書店やネット書店では11月10日頃の販売とのことですが、ZDRでは10月26日の午前中までに予約、11月までに支払い完了いただければ書店やネット書店販売日以前にフランイグ発送が可能です。

お時間があまりない急な告知となりましたが、何卒よろしくお願いいたします。


--

『ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック』という本が出ます。『世界過激音楽』シリーズの第4弾です。著者はアウトブレイク・ショウさん。
ウォー・ベスチャル・ブラックメタル(War Bestial Black Metal)はエクストリームメタルの中でも極めて特殊なジャンルです。ルーツはブラジルのSARCÓFAGOやカナダのBlasphemy、フィンランドのBeheritらにあります。
90年台に北欧のブラックメタルがシーンを席巻するにつれて、メロディを取り入れ、耽美的で軟弱になってしまったバンドが増えました。そんな流行に背中を向け、ひたすらブラックメタルやスラッシュメタルが持つ暴力性や残虐さ、荒々しさを守り続けた一派がいました。それがウォーメタル、ベスチャルブラックメタルと言われる集団です。
主に北欧系から影響を受けたブラックメタルがメインストリーム化、メジャー化して、一般大衆に媚びた結果、本来の攻撃性を失った今、再びウォー・ベスチャル・ブラックメタルに再評価の兆しが見えてきています。
ブラックメタルやデスメタルがメインストリーム化するなか
世界各地の地下シーンでスラッシュメタル・デスメタル・グラインドコア・
ハードコアを融合させながら真の野獣性を死守し続けたオールドスクールな背徳者達
軟弱化した北欧ブラックメタルに対して、頑なにメタルが本来持つ暴力性を貫き続けたシーンの主要バンドやリリースを丹念に紹介した前代未聞の歴史的資料
本来、日本で出版物になる様な対象のジャンルではないと言っても過言ではありません。デスメタルやブラックメタルなどエクストリームメタルの中でも、最も表に出ることが少なく、情報が希少で、徹底してアンダーグラウンドのジャンルです。
収録内容はこのジャンルを生み出した元祖や;
■ベスチャル・ブラックメタルのレジェンドSARCÓFAGO
■「冒涜」ウォー・ブラックメタルの権化BLASPHEMY
■極悪プリミティブ・ノイズブラックメタルの帝王BEHERIT

HOLOCAUSTO・PARABELLUM・MYSTIFIER・ARCHGOAT・NAKED WHIPPER・BESTIAL WARLUST・ABHORER・DEIPHAGO・UNHOLY ARCHANGEL・CONQUEROR・HADES ARCHER・NUCLEARHAMMER・PROCLAMATION・TRUPPENSTURM・SADOMATOR・REVENGE・MORBOSIDAD・BLACK WITCHERY・DEMONOMANCY 他
界隈の重要人物へのインタビュー;

■Nuclear War Now! Productions!・Deathrash Armageddon
Record Boy・はるまげ堂・Cyclopean Eyes・SIGH等重要人物インタビュー
そして近寄りがたい雰囲気を放ちまくっている数々の大御所バンドへのインタビューに成功しました。普段あまり表に出てくる事はない世界の人達なので、極めて貴重です。

■インタビュー収録バンド、IMPURITY・GOATPENIS・GOAT SEMEN・NECROHOLOCAUST・LÜGER・PSEUDOGOD・DIOCLETIAN・INFERNAL EXECRATOR・NOCTURNAL DAMNATION・GENOCIDE SHRINES・SEX MESSIAH・REEK OF THE UNZEN GAS FUMES
このジャンルを理解する上で必要不可欠なコラムも複数用意しています。
時代解説・レーベル紹介・フライヤー特集・カバー曲解説・メキシコ移民・ヤギ崇拝コラム・ウォーベスチャル用語辞典
このウォー・ベスチャル・ブラックメタルはメタルの中でも独特の世界観で有名で、ガンベルトや山羊、戦争などのイメージを取り入れています。一見、時代錯誤的で守旧的なイメージにも見えますが、若い世代の間では彼らのファッションが最もメタル的で格好良いと人気が出始めています。
そしてこの『ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック』のカバーは、このシーンのイラストレーターとしては最も有名な人物の一人、Sickness666に描いて貰いました。非常に素晴らしい出来になっています。
この『ウォー・ベスチャル・ブラックメタル・ガイドブック』の著者のアウトブレイク・ショウさんは『Outbreak of Evil』というブログを運営されています。ご覧頂くと分かる通り、このジャンルにおいて日本でもトップレベルの情報を配信している事が分かります。
@outbreak_on_twi
 
--


それでは、ご利用お待ちしております!